Top > 注目 > 特殊な建築にニーズが少ない

特殊な建築にニーズが少ない

家(一戸建て)を売却し、得たお金から売却するのにかかった諸経費や、最初の購入費を差し引いたもの、これが譲渡所得です。

 

譲渡所得税の課税対象となるのは、このお金に対してです。

 

税率はちょっと特殊で、物件を所有していた期間が5年以下だった場合(短期譲渡)と長期譲渡(5年以以上の所有)とでは税率が低いのは長期譲渡の方です。

 

ところで、物件を売っても譲渡所得が得られるとは限りませんね。

 

プラマイゼロどころか、マイナスになってしまうこともあります。

 

こんな時はここでも長期譲渡は優遇され、譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例が適用されるでしょう。

 

なかなか売れないマンションの理由を考えてみます。

 

他のマンションと比べてみたところ、ちょっと価格が割高になっているケースです。

 

こういった場合だと、内覧を希望するお客様の数も少数になります。

 

早期の価格の見直しが不可欠でしょう。

 

その他に考えられることとして、不動産屋がマンション販売の促進をほとんどやっていないケースです。

 

仲介契約を結ぶ時点で、レインズへの登録確認をしてください。

 

想定していた売価で一戸建てが売れない理由は様々です。

 

建ててから何十年と建っている家だと、マイナスポイントとなる建物をなくし土地のみにするか、解体費用を負担してほしいと、購入する条件として挙げられることも少なくありません。

 

また、こだわりのつまった一戸建てでは建築費はこだわった分だけ高くなる傾向にありますが、売却時には特殊な建築にニーズが少ないため、かえって周辺相場よりも値が下がることも多いでしょう。

自己破産リスクとデメリット

注目

関連エントリー
特殊な建築にニーズが少ない現実的な支払額になるよう相談食生活や生活習慣をよく考える年齢の観点からすれば年代マカ&クラチャイダムを試す