Top > 注目 > 売値はこれらの経費を考えて

売値はこれらの経費を考えて

家を売却する流れというと、引渡しと代金受け取りまでには8つの段階があります。

 

最初に行うのは市場価格をもとに適正な売値はどの位か判断することです。

 

仲介する会社を探すのはそれからです。

 

査定段階では金額だけでなく、営業マンの良し悪しもわかります。

 

納得のいく見積り内容でしたら、媒介契約に進みます。

 

契約した物件はネットに登録され、広告にも掲載されます。

 

購入希望者が来れば内覧や価格交渉などが行われます。

 

双方の間で話がつけば売買契約を締結し、契約書に記載されている通りに金銭と物件をやりとりすれば終了です。

 

最近は、不動産仲介業者の数が増えています。

 

上手に業者を選ぶコツとしては、インターネット上の一括査定サイトを使って、複数の不動産仲介業者に簡易査定してもらいます。

 

複数の業者から結果が送られてきたら、査定額が高いものや、信頼できそうな業者を選んで現地まで来てもらって、実際に査定してもらいましょう。

 

具体的な査定額の内訳や、分からない点などを質問した時、納得できる答えをくれる業者であれば、信用できると思います。

 

逆に、査定結果が高い業者であっても、こちらからの質問に答えられなかったり、何度も契約を迫ってくるところは関わらないようにしましょう。

 

いざ家を売るとなると、予想外に費用がかかるものです。

 

たとえば不動産会社の媒介による売買の場合、もれなく仲介手数料が必要になります。

 

2800万円で取引された物件の場合、100万近い額を不動産会社に支払う必要があります。

 

また司法書士に支払う所有権移転登記等の費用、印紙代などの実費も必要です。

 

ですから売値はこれらの経費を考えて決定するわけです。

ピーチローズ

注目

関連エントリー
妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれる売値はこれらの経費を考えて特殊な建築にニーズが少ない現実的な支払額になるよう相談食生活や生活習慣をよく考える年齢の観点からすれば年代マカ&クラチャイダムを試す